妊娠中の葉酸サプリ摂取は妊婦さんにとってはもはや常識ですが、どうして飲まなくてはならないのか、その具体的な理由を詳しくご存知の方はそれほど多くないのではないでしょうか。

理由がよくわからないから、とりあえず手ごろに手に入る葉酸サプリを飲んでいるだけ、という妊婦さんもたくさんいらっしゃるようです。

また日本はアメリカを始めとする欧米圏のようにサプリ文化がまだまだ浸透していないせいもあってか、サプリ選びに関してもこだわりが見られない傾向にありますね。 妊娠中は人生において最も大切な時期ですから、葉酸サプリを飲むべき理由をきちんと知った上で、自分に合ったサプリ選びをしなくてはなりません。

妊娠中に葉酸サプリが果たす役割とは

厚生労働省は、妊娠中の女性に1日あたり400㎍のモノグルタミン酸型葉酸を「サプリから」摂取することを推奨しています。 モノグルタミン酸型葉酸とは一般に「合成葉酸」と呼ばれる葉酸で、天然葉酸よりも吸収率が良いとされています。 またサプリと違い、食物に含まれる葉酸は調理過程などでほとんどが失われてしまうため、大量に摂らなければ所要量を満たすことができません。 葉酸は妊娠においてもっとも重要なビタミンのひとつとされ、

    ・二分脊椎症などの先天性の奇形 ・卵子の老化 ・悪性貧血

    卵子の老化を食い止める葉酸サプリの選び方

    妊活女性の1日の葉酸所要量は400㎍と厚生労働省により指定されていますから、ここはまず押さえておきましょう。
    その上で卵子の老化を食い止めるのに有効とされる以下のようなビタミンも含まれている葉酸サプリを選べば、完璧です。

    ・ビタミンB12・・・葉酸の働きを助け、造血作用もある

    ・ビタミンE・・・妊娠ビタミンともよばれ、ホルモン分泌を助ける

    ・ビタミンC・・・抗酸化作用により老化を食い止める

    ・亜鉛・・・ホルモン分泌を盛んにし、生殖機能を高める

    これらは食事からだけでなく、コンビネーションでサプリからも補うことによってより機能が発揮されますから、葉酸サプリ選びの参考にしてください。

最新情報

ページの先頭へ